この記事を読んでわかること

・ココナラで稼いだら、いくらから確定申告しないといけない?

・あなたの環境により、確定申告の有無も変わる?

あーこです!

 

ココナラで稼ぐようになると、今度は税金の支払いが気になってきますね(笑)

 

ある一定の金額を稼いだら、きちんと納税しないと、

追加で税金を納める必要があったり、最悪の場合には財産差し押さえ、なんてことも?

 

そんなことにならないためにも、納めるべき税金はしっかり払って

気持ちよくどんどん稼ぎましょ!

ココナラの確定申告はどうやるの?

ココナラの確定申告

ココナラに限らずなんですが、基本的に日本人は納税の義務があるため、

一年の間に20万円以上の収入があれば、住まいの最寄りの税務署に確定申告をし、

 

税金を納める必要があります。

 

収入があるにも関わらず、この申告を怠ると、追徴課税があったり、最悪の場合財産の差し押さえというのがあるんですね。

 

なので、ココナラでも一年のうちで20万以上の売り上げがあればきちんと確定申告しましょう。

 

ただし、あなたの環境によって、確定申告する場合としなくていい場合があるので

この記事を参考にしてみてくださいね。

ココナラ以外に給与収入がある場合

ココナラ以外に給与収入がある場合ですが、主にサラリーマンとかOLさんとかですね。

こういった方は、一年のうち(1/1~12/31)で年間20万円以上、

ココナラ含む副業で収入があった時に確定申告が必ず必要です。

 

単純計算で毎月2万円前後、ココナラまたはその他に副収入があれば、確定申告が必要なので要注意ですね。

 

毎月の金額が少ないから、と申告を忘れてしまうと、処罰の対象にもなってきます…

他に収入がない人(主婦・年金生活者など)の場合

会社員やOL以外で給与をもらってない場合、例えば主に主婦の方や年金生活者の場合。

 

こういった方は、ざっくり言いますと、基礎控除(38万円)が毎年差し引かれています。

 

同時に年間38万以下の所得であれば基本的に確定申告の必要はありません。

 

でも、会社員ではなく、主婦や年金生活者などで一年のうちに年間38万円以上の稼ぎが

ココナラ含む副業で収入があれば、確定申告が必要になります。

ココナラの収入はどう課税されるの?

では会社員で年間20万円以上、主婦・年金生活者で年間38万円以上の収入がある方は、

ココナラの収入は何に対して課税されるんでしょうか?

 

それは、「所得税」として課税されます。

所得税はその収入によって変わります。

 

かなりおおざっぱにまとめてみました。